看護師の独立を真剣に考える空間

看護師の独立についての基礎知識をご紹介!


看護師の独立

看護師の資格を持っている方のなかには、自分で独立して開業したいと思っている人もいるかもしれません。でも現実的に看護師は、独立して自分で開業できるのでしょうか?結論から言えば、看護師だけの資格では独立できません。しかし看護師の資格を活かして、独立して開業することはできます。

具体的には看護師の独立として、訪問看護ステーションを作るという方法があります。訪問看護ステーションを法人化して、開業のための指定取得を行うのです。訪問看護とは病気や障害を抱えた患者さんが自宅などで快適に療養を行えるように、看護師などが患者さんの自宅を訪れ看護ケアサービスを提供するものです。

そして看護師などのスタッフを、派遣するのが訪問看護ステーションです。訪問看護では掛かりつけの担当医の指示書に従った医療処置や、患者さんの身体の清拭・洗髪・入浴介助・食事や排泄などの介助・リハビリテーションの指導などを行います。

さらに患者さんの自宅に置かれた在宅酸素や人工呼吸器などの医療機器の管理から、低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイスや認知症介護の相談や工夫なども行います。またがん末期や終末期などの患者さんが自宅で快適に最後を過ごせるように、お世話するターミナルケアなども訪問看護の仕事です。

訪問看護は赤ちゃんからお年寄りまで年齢に関係なく利用できますが、介護保険で訪問看護を利用する場合は要支援か要介護の認定が必要です。訪問看護ステーションの従事者は看護師をはじめ、准看護師・保健師・・助産師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士となっています。

看護師が訪問看護ステーションを始めるメリットは、従事者の確保です。訪問看護ステーションの経営で1番難しいのは従事者の確保で、それで挫折する訪問看護ステーションが続出しました。その点看護師であれば知り合いの離職した看護師や、病院等を退職した看護師を誘いやすい利点があります。

ただ勤務するのは違い、自分で訪問看護ステーションを経営することは容易なことではありません。特に訪問看護ステーションが軌道に乗るまでは、資金繰りなどすべて自分で行う必要があります。それにいくら知り合いの看護師がいたとしても、十分なだけの従事者を確保できるかは分かりません。

助産婦の資格を取得すれば、自分だけで仕事ができます。またケアマネージャーの資格を取得すれば、居宅介護支援事業所を開業することもできます。しかし看護師の独立の道は、けっして平坦ではなさそうです

内視鏡関連の看護師求人はここ